写真│上:大関凪沙(宮古高校写真部一年生)
下:上原佐登(宮古高校写真部一年生)

宮古島コレクティブ

宮古島アンサンブルズ&オーケストラ

「宮古島アンサンブルズ&オーケストラ」は、大友良英と宮古島の音楽家、一般参加者が即興で演奏する参加型のアンサンブルとオーケストラです。ワークショップのなかで音楽をつくり、発表します。楽器がなくても身近にある音の出るものや手製の楽器、踊り、手拍子、歌で参加するのでも大歓迎です。ふるってご参加ください!

2016年11月6日(日) 12:00 受付開始/13:00 ワークショップ開始/17:00 終了予定
場所│宮古少年自然の家 沖縄県宮古島市平良字東仲宗根添1164-1
対象│楽器の経験や年齢を問わず誰でも参加できます
事前申込不要 参加費無料 参加・観覧自由
ゲスト・アーティスト│大友良英 親泊宗二 池村綾野 池村真理野 與那城美和ほか

宮古島会議

宮古島の手料理を参加者と囲んだ後に、言葉、民謡、音楽、写真などさまざまな議題を共有する「宮古島会議」を開催します。「会議」とは言いますが、島外から訪れる方と地元の方々が集まり、対話や唄や踊り、料理を通して相互理解と交流を深めるアットホームな集会です。島言葉で言うところの「ゆんたく(何人かで集まっておしゃべりする井戸端会議のようなもの)」に近いのかもしれません。初回となる今回は狩俣集落での実施を予定しています。音楽や民話、民謡などを持ち寄り、対話を通して文化への理解を深めます。ぜひご参加ください!

2016年11月7日(月) 17:00頃よりレセプションパーティ 18:00-21:00 宮古島会議(ゆんたく)
場所│狩俣集落センター 沖縄県宮古島市平良狩俣1255-1
参加者│大友良英(音楽家) 上原佐登 大関凪沙(宮古高校写真部) セリック・ケナン(言語学研究者)
森永泰弘(サウンドデザイナー) 與那城美和(宮古民謡唄者) ほか  
事前申込不要 参加無料

参加者プロフィール

大友良英

音楽家。1959年生まれ。アンサンブルズ・アジア・アーティスティック・ディレクター。
ノイズからNHKドラマ「あまちゃん」まで、幅広い音楽を手がける。

親泊宗二

草笛奏者。1940年生まれ。宮古島市平良出身。1963年から中学校と高校で地理の教論として教鞭を執る。
草笛は15歳から60年以上のキャリア。

池村綾野

キーボード奏者。1979年生まれ。宮古島市平良出身。6歳の頃よりクラシック・ピアノを学び、
高校卒業時にポップスに転向。2012年9月Black Waxに加入。

池村真理野

サックス奏者。宮古島市平良出身。1986年生まれ。クラシックからポップス、
幅広いジャンルで研鑽を積み2011年にBlack Wax に加入。

森永泰弘

サウンドデザイナー、音楽プロデューサー。1980年生まれ。
フィールド・レコーディング、映画音楽など、多岐にわたる分野でアジアを中心に活動する。

與那城美和

宮古民謡唄者。宮古島市平良西仲宗根出身。宮古民謡の歌い手、琉球舞踊の地謡として活動中。
CDに『宮古島を唄う-かなすあ~ぐ Favorite Songs-』。

セリック・ケナン

1987年フランス生まれ。京都大学大学院文学研究科言語学専修博士後期課程在学中。
2014年より宮古島に移住し宮古語の研究に取り組んだ後、
2015年より大学に戻り現在宮古語に関する博士論文を執筆している。

アンサンブルズ・アジア・オーケストラ 宮古島へ

「アンサンブルズ・アジア・オーケストラ」は、東南アジア地域の音楽の専門家ではない人々と交流しながら自由なかたちのオーケストラをつくるプロジェクトとして、2014年にスタートしました。これまで東南アジア各地域で、地域の事情に即した手法を探り、現地の協力者とともに音楽のワークショップを重ねてきました。
沖縄と東南アジアは海を挟んで島伝いに繋がっており、長い期間にわたって文化や人が行き来することで豊かな文化を育んでいます。なかでも東南アジアの島々へ連なる「先の島」として、地理的にも文化的にも重要な位置にある先島諸島の宮古島を「アンサンブルズ・アジア・オーケストラ」を日本で実施する際の起点としたいと思いました。
そして2016年2月に国内ではじめてとなる第一回「宮古島コレクティブ」を実施し、たくさんの方にご来場いただきました。「コレクティブ」とは音楽を通して人々の間に新しい関係を生み出すことです。これまで、ベトナムのハノイ、タイのチェンマイの各地域でコレクティブを形成し、オーケストラのためのワークショップを実施してきました。
第二回目となる今回は楽器の習得の有無や経験に関わらず誰もが参加できる「宮古島アンサンブルズ&オーケストラ」のワークショップと公演を実施します。宮古島にある音楽を活かしつつ、外からもたらされる音楽やそこで生み出される新しい音を取り入れた自由なかたちの「オーケストラ」を形成します。同時に、言語や民謡、音楽、踊りなどさまざまな議題を共有する「宮古島会議」を狩俣集落で開催することで、宮古島固有の文化、風土を再発見します。そして今回の「宮古島コレクティブ」をきっかけとして来るべき来訪者と「宮古んちゅ」の出会いと繋がりのなかから、あらたな文化と音楽の可能性を探りたいと思います。
アジアから宮古島へ。そして宮古島からアジアへ。私たちは、宮古島とアジアの人びととのさらなる出会いとコミュニケーションの深まりに向けて、このプロジェクトを進めてゆきます。そして音楽を通して人々の間に新しい関係を生み出すことを願っています。

有馬恵子
アンサンブルズ・アジア・オーケストラ ディレクター

クレジット

宮古島コレクティブ 2016
主催│国際交流基金アジアセンター 共催│P3 Art and Environment 後援│宮古島市教育委員会 宮古島市文化協会
協力│狩俣自治会、NPO法人ガイア・アート、宮古島高校美術部・写真部
企画・制作│有馬恵子(アンサンブルズ・アジア・オーケストラ ディレクター)  企画協力│小川京子 根間和美 下地(Pee Boo)学
アートディレクション│加藤賢策(LABORATORIES)
問い合わせ先│アンサンブルズ・アジア事務局(P3 art and environment)
TEL│03-3353-6866 Email│info@ensembles.info
〒160-0004 東京都新宿区四谷4-34-1 新宿御苑前アネックスビル1F

Miyakojima Collective

The Miyakojima Ensembles&Orchestra

The “Miyakojima Ensembles & Orchestra” is a program of interactive ensembles and an orchestra in which renowned musician Otomo Yoshihide will play together with local Miyakojima musicians and members of the public. Participants will create music during the workshop and then present it. Instruments are not necessary; you are welcome to take part using everyday objects that produce sound or handmade instruments, or by dancing, clapping, and singing. Come and join us!

6th November, 2016 13:00 Start
Venue: Miyako Youth Center
Address: 1164-1 Higashi-Nakasone Hirara, Miyako-City
Free Entrance/ Registration not required
Guest: Otomo Yoshihide, Oyadomari Souji, Ikemura Ayano, Ikemura Marino, Yonashiro Miwa and more.

The Miyakojima Gathering

A village on Miyakojima Island will be the setting for the “Miyakojima Gathering,” a friendly meet-up bringing artists and specialists in the humanities from off the island together with local people (“Miyakonchu”) to cultivate mutual understanding and exchange through dialogue, song, and dance. A similar concept in the Miyako language is yuntaku, meaning something like a gossip session or chat circle. The first-ever Miyakojima Gathering is scheduled to be held in Karimata Village. Please join us in discussing topics such as music, folktales, and folksong, and in gaining a deeper understanding of culture through song, dance, and dialogue!

6th November, 2016 18:00 Start
Guest: Otomo Yoshihide, Celik Kenan, Morinaga Yasuhiro, Yonashiro Miwa and more
Venue: Karimata community center
Free Entrance/ Registration not required

Profile

Otomo Yoshihide

Musician, Ensembles Asia Artistic directer.
Musician. Born in 1959. Artistic director of Ensembles Asia. While traveling around the world, he has worked in a wide variety of musical genres ranging from noise to the soundtrack for the NHK drama series Amachan.

Oyadomari Souji

Grass whistler. Born in 1940. A native of Hirara in Miyakojima City, he has taught geography at junior and senior high schools since 1963. After taking up grass whistling at the age of 15, his career as a grass whistler now spans more than 60 years.

Ikemura Ayano

Keyboardist. Born in 1979. A native of Hirara in Miyakojima City, she began studying classical piano at the age of six but switched to pop music upon graduating from high school. She joined “Black Wax” in September 2012.

Ikemura Marino

Saxophonist. Born in 1986. A native of Hirara in Miyakojima City trained in diverse genres ranging from classical to pop. She joined “Black Wax” in 2011.

Yonashiro Miwa

Miyako folk singer. A native of Nishi-nakasone, Hirara in Miyakojima City. She is an active singer of Miyako folk songs as well as the chanting that accompanies Ryukyu buyo, a traditional Okinawan performance art combining dance and music. Her CD is entitled Miyakojima wo Utau —Kanasuaagu— (“Songs of Miyakojima —Favorite Songs—”).

Celik Kenan

Born in France, 1987. Graduate student in Linguistics at the Faculty of Letters of Kyoto University. Presently doing fieldwork on the Miyako language. After 2 years spent in Miyako, he has now returned to Kyoto University in preparation for his doctorial thesis.

Ensembles Asia Orchestra in Miyakojima

Ensembles Asia Orchestra is a project launched in 2014, with the mission of creating a free-form orchestra that engages with people who are not professional musicians. The project is organized by the Japan Foundation Asia Center, with musician Otomo Yoshihide as artistic director. Ensembles Asia Orchestra aims to uncover new and unprecedented ways of making music and connecting with people, by sharing the joy of making music and fostering communication with people from elsewhere in Asia.
Okinawa and Southeast Asia are linked by a string of islands across the sea, and the back-and-forth of culture and people over a long period of time has fostered rich cultures. The Sakishima Islands in particular, which include Miyakojima, occupy an important position both geographically and culturally as the outermost islands extending toward the islands of Southeast Asia. That is why I wanted Miyakojima Island to be the starting point for hosting the Ensembles Asia Orchestra in Japan.
The First Miyakojima Collective, our inaugural event in Japan, was held in February 2016 with participation from many people. The “collective” consists of local people (“Miyakonchu” in the local dialect) and visitors coming together and forming a cultural program through the connections they forge. We were able to successfully conduct this program in Miyakojima thanks to the involvement of those who carry on Miyakojima’s unique culture, including its music, language, and dance, as well as junior high school students, members of high school photography and art clubs, and many others.
The upcoming Second Miyakojima Collective will feature a workshop and performances titled the “Miyakojima Ensembles & Orchestra,” which anyone can join regardless of instrument skill or experience. We will create a free-form “orchestra” that showcases the music of Miyakojima while also incorporating music brought in from off the island and new sounds born on the spot. Meanwhile, at the “Miyakojima Gathering” in Karimata Village, various topics like the Miyako language, folksongs, music, and dance will be shared to rediscover Miyakojima’s unique culture and customs. I hope that we can explore the potential for new forms of culture and music in the encounters and connections born between the visitors who come for this Miyakojima Collective and the Miyakonchu.
Ensembles Asia Orchestra is excited about moving forward with this project, seeking further encounters and more profound communication with people from elsewhere in Asia. Our hope is that the resulting will foster new and positive modes of human interaction.

Arima Keiko, Directore of the Ensembles Asia Orchestra

Miyakojima Collective 2016 Credit

Organized by the Japan Foundation Asia Center
Co-organizer: P3 Arts and Environment
Cooperation with: Miyako City Board of Education/ Cultural Association of the Miyako City.
Planning & Production: Ensembles Asia Orchestra (Director: Arima Keiko)
Planning cooperation: Nema Kazumi, Shimoji Manabu
Art Direction: Kato Kensaku (Labolatories)

Inquiry to Office for the Ensembles Asia (P3 art and environment)
1F Annex Bldg., 4-34-1 Yotsuya, Shinjuku-ku, Tokyo
Tel: +81(0)3-3353-6866
Email: info@ensembles.info